猛暑の東京1泊旅!1日目

ゆかです。
まさか、8月全く書かなかったとは……もう、脳ミソが通常の3割運転ですので……

そんな中、昨日おととい東京に1泊旅に行ってきました、もちろん観劇ライブ付き!(笑)
ちなみに合言葉は「8年ぶり」です。

1日目は、東京国立博物館にて縄文展を鑑賞、秋葉原の刀剣乱舞ストアで買い物、有楽町で「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」観劇でした。

まずは東京国立博物館。古代史ズキーとしては、縄文展は楽しみで仕方がなかった!
8年ぶりのトーハク、前回は土偶展でした。つまりわたくし、トーハクで遮光器土偶はじめ土偶オブ土偶ばっかり堪能してます。そろそろ別のものも観てみたい(笑)
しかし、縄文展ラストの日曜日というのもあって、スゴイ人!正倉院展が可愛く思えるほどでした。日曜日に加えて、古代史のとっつきやすさ、上野の通いやすさもあるのかしら。まぁ……今度の京博の……刀剣乱舞コラボのかたな展に比べたらこれでも可愛いもんでしょう…(汗)これの予行演習と思って……
展示の3割ぐらいは観れなかったけど、2周ぐらいしてまずは国宝!を目に焼き付けてきましたとも。
ここで印象深かったのは、世界各国の縄文時代に相当する時代を横軸で比較してたことですね。中国やメソポタミアなどの4大文明はよく見ますが、ヨーロッパとかはなかなか見ないので、そういえばヨーロッパとか、いや、全世界でそういう時代あるし、文明の進み具合も違うよね……って気づかされます。よくよく考えたら人類の歴史の9割以上が日本でいう縄文や弥生時代みたいなものなのに一緒くたな感じで語るのはどうなのか?って思いますね。日本だけでも北海道や東北と九州沖縄で全然違うはずなのにね。
こうやって気づきをもたらしてくれたのがよかったなぁと思った縄文展でした。そのあと1Fの考古学展示室でまったり考古学を楽しみましたが(笑)

トーハクの後は、秋葉原へ移動して刀剣乱舞ストア納涼祭に行きました。
午前中、東京に向かっている間は整理券制だったので行けるか否か分からなかったんですが、お昼食べてるときに(利久の牛タン!)フリー入場に切り替わったので行けました。よかったー!
私こういうストアに行くのがほぼ初めてだったので不思議な感じがしましたが、まあタペストリーと缶バッジとアクリルキーホルダーの多いこと!これ……コレクション?こういうものよりも実用性のあるグッズが欲しい人間なので、買ったのはカラーマグカップです。しかも源氏兄弟なので強制的に2個。めっちゃ可愛いー!!今年の秋冬はコーヒー茶紅茶ココアと、使い倒す!に、プラス村正ちゃんのアクリルキーホルダーと花丸のクリアファイル買いました。実用性!
さっそく今このブログ書きながら兄者のマグカップ使ってますが、あな可愛ゆし……
……これ以降の道中、このマグカップを持って移動してたので、まぁ、重たかったよ……

そのあとは有楽町に移動して甘味屋て白玉抹茶ソフトを食べ、別の店でもう少し食べたして、夜はオルタナティブシアターで朗読劇「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を観劇しました。
オルタナティブシアターいいところですね。小さめで見やすいのはもちろん、有楽町の駅から一番近い劇場なので通いやすい!私の東京の庭に新しい観劇スポットができました(帝劇日生クリエもしれっと行けるぐらいにはなりましたキリッ)。
私が観劇したのは黒羽麻璃央くん戸松遥さんの回。1週間ぐらい前までどうしようか(この日の夜何を観ようか)さんざん迷ったんですが、チケットが手に入りやすかったのと、つはもの以来のまりおくん会いたいなと、初めての朗読劇ってことでこれをチョイス。……ほんとはね、今日のベビタンの回観たかったけど、まぁそれは遠征する地方民の宿命だ、ハハハ(涙)
ちなみに私にしては珍しく、(ベビタンが出るっていうのもあって興味がわいたので)観劇前に原作を読んで予習してました。でもなかなか愛美のネタバレがわかりにくくて結局ちゃんとつかめてないまま当日になり……最終的に理解したのはクライマックスのラスト10分!
まりおくん、どこにでもいそうな大学生の役がすごく似合ってたなぁ……最初は朗読ってのもあって本読んでる感があったけど、だんだん感情が乗ってきて朗読ってのを忘れるぐらいのめり込んだな……。
戸松さんはさすがの本職の声優さんなのですっと耳に入ってくる感じが気持ちいい!南山ママへの切り替えがうますぎる!
初めての朗読劇がこの二人でよかったなぁと思える、いい作品だった!そしてらぶフェスとロミジュリでまたまりおくんに会うのが楽しみだ……!!

以上がおとといの1日目でした。二日目に続く!


ミュージカルアメリ感想

ゆかです。

昨日の話ですが、ミュージカル「アメリ」観てきました。
感想をば。

これはね……「ブンババ」に尽きる!!!
まゆゆも基裕さんも二人とも可愛いの!!魂が洗われたわ!
少女漫画を読んでるようなじれったくて可愛い感じなのね。アメリも内気、ニノも内気、がんばれ二人とも!!みたいな。
そんなアメリだから、ニノは最後になってようやくアメリの名前を知るというね。
からのカップルになった二人の可愛さは、劇場の天井突き抜けてましたわ……!!ラストの、二人で撮った証明写真(一昔前のロケットに仕込むようなカップル写真ね)、あれが1億枚欲しいっす……!!あれを、ブロマイドで販売してほしかった……!!可愛いんだもーん!!!!

今回のお友達がチケット取ってくれた席が、前の方の通路側で、隣をニノが駆けていくわ、可愛いラブシーンはばっちり見えるわで最高だった……!今までで一番基裕さん感じたわ!!スラッとして動きもキレキレ、可愛くて歌も上手な基裕さん、最高です…!!

まゆゆは、公開稽古より「MUSIC FAIR」、「MUSIC FAIR」より今と、毎回聞くたびに歌がうまくまってる!!本当にこれから経験を積んでいけば、いいミュージカル女優さんになれる予感がする!今後、可愛いだけじゃないまゆゆを観てみたい、って思わせてくれるまゆゆだった。ああ可愛いよぉぉぉ(語彙力が飛んだ)

そして演者の皆さんが「運動会」って言ってますが、本当に運動会でしたわ(汗 アンサンブルさんがいないので一人何役もこなすんですが、着替えてセット移動させてドタバタで、これはジャニーズJr.でもきつそうだぞ…!!(ジュニアのそれは運動会より戦争って感じですが)それをお兄さんお姉さんおっちゃんおばちゃんが……終わるころにはメイク全部剥げるのも大納得だわ。スゴイよ。
アメリの空想が全部シュールなんだけど、わたしにとっては一番最初の金魚の「くじら」がインパクトありすぎてふとしたときにリフレインしてくる(笑)

……という、実に明るく楽しいミュージカルでした。お友達よ、基裕さんを体感できる良い席をありがとう……!!

良い感じでアメリロスですが、来週には「滝沢歌舞伎」の追撃が!!もう私のハートが究極にブンババぁぁぁ!!!


らぶフェス2017!!興奮が止まらん!!

ゆかです。
やばい、ふたりとも全然投稿していない!!(汗

今日無事に「ミュージカル刀剣乱舞真剣乱舞祭2017」のブルーレイが届きまして……
半年前の、あの興奮が蘇るどころか、さらに興奮しております!!!

だって、脳内が究極にもっくんの時にフィーバーしてたそれが……さらにもっくんを深めた今見ると美しいわ可愛いわ、歌もダンスも素晴らしいわで……底なし沼!!
ずっと配信の映像を見てたので寂しくはなかったんですけどね、ライブビューイングのカメラワークと音響から、洗練された映像ってだけでクオリティが何十倍にもなってるんですから。特に「脱いで魅せまショウ」!!当時よりも楽しすぎるでしょ……!
あと、オープニングの「さ、脱ぎまショウか!」から「あっ蜻蛉切!」のあたりでちょいちょい後ろで面白いことしてるのwww可愛いが過ぎる!!

さらに大変なことにらぶフェス後にベビタンという新しい推しができてますから……源氏兄弟も可愛い!!ダンスはキレッキレで落ち着く!興奮するし楽しいけど見てて安心する!
あ、つはものはちょうど1ヶ月後にブルーレイ来るんだった……なんて追撃だ!

全体では、オープニングの「蒼然百物語」とか「えおえおあ」とか「刀剣乱舞」とか。村正フィーバーすぎて見られなかった部分がこんなことになってたのね、と今更に把握することが多いw 「えおえおあ」に至っては村正しか見てなかったのでこんなに悶えるポイントたくさんありましたっけ状態ですわw
個人的に大好きなのは「獣」。もともとこういう激しめの曲が好きなんですが……配信ではよくわからなかったダンスがこれでもかと堪能できて……大倶利伽羅かっこいいやん……

やっぱり、感想になってない!!(涙)
ただ確信があるのは、私が刀ミュのブルーレイを貸し出したことでお友達も刀ミュを面白がりつつあるんですが、間違いなくこれを見たら村正の、もっくんの沼にどぼーんと浸かる!!

そして、今年のらぶフェスは一体何を企んでいるのか……半年後が楽しみで楽しみで仕方がない!!また興奮の沼にぶち落としてください刀ミュさまさま!!


幸せすぎる不意打ち!東宝様さま!!

ゆかです。

最近は、いや相変わらず舞台を観に行くのを楽しみにワクワクしておりますが……

TENTH兵庫公演に村井くん出演決定!!!

うそやああぁぁぁん!!!!嬉しすぎる!!!!
まさか、こんなラッキーパンチで村井くんに会えるなんて!!

1月のクリエでの公演、すぴさんだけじゃなくて2部で村井くんに会えるのを楽しみにしてたのに2部を観られず諦めたのでね……
6年ぶりの戦国鍋ライブ以来の村井くん、楽しみです!!

しかも、兵庫公演の2部は「RENT」がメイン!これも嬉しくて!
村井くんが初出演したときからRENTは気になっていたんですよね。しかも去年すぴさんを知ってからすぴさんも出ているし。本公演ではないとはいえ、RENTの世界を西宮で観られるなんて本当にありがたい……!!

開演前からこんなに幸せにしてくれるTENTHよ……!
今年いい舞台に恵まれていますけど、「印象に残っている舞台はどれ?」と聞かれたら迷いなく「TENTH」って答えるぐらい、実は私にとって印象深いんですよね。SHOCKとか刀ミュとか基裕さんとかいろいろあるんですけども。
私にとって初めて、ミュージカルの第一線のベテランの方々ばかりが集まった作品だったのかもしれないですね。いい歌とお芝居は本当に人を幸せにするなぁ、と(あとジャニーズ銀座でしか行ったことのなかったクリエで観た初めての演劇だったというのもある笑)。

先週の「うたコン」での石丸幹二さんと井上芳雄さんの「地上の星」や「MUSIC FAIR」のミュージカル特集での中川晃教さんや山崎育三郎さん、島田歌穂さんなど、ミュージカルを代表する方々の素晴らしい歌を聴いて、本格的にミュージカル沼に浸かりそうなんです(汗 若手の頑張ってる感ももちろんいいけど、ベテランの皆さまの余裕のあるステキな歌がこれでもかと沁みる。最近マイハウスのテレビは圧倒的声量の歌がガンガン流れてます(笑)
故に今年は……TENTHにジャージーボーイズでもう幸せだ……来年はレミゼやで……そっから何を観るかな……いよいよ観劇破産計画を立てるのでは、私よ……

いやいや、広く浅く、一部は深めに舞台コンサートを愛していきますとも!


メサイア月詠感想

ゆかです。
今日は「メサイア月詠乃刻」を観劇しました。その感想を。相変わらずネタバレ配慮いたしません!

毎度メサイアは本当に面白い!
ただ、今回はお友達が取ってくれたチケットで観たんですが……席が……1階1列目!!!
こんなところで!!メサイアを観たら、情報量が多すぎる!!
最前列の良いところは、筋肉の躍動を直で感じられるのと、細かな表情とかがよくわかるところですね。
ただふと思ったのが、暁や悠久だったら、最前なんて観てられなかったかもしれないな、と……。

ストーリーの感想は……「照る日の杜」の恐ろしさたるや、と、雛森と園の元メサイアの決着が気になって仕方がない!!
ザリ王村上さんがかっこよすぎてね……たった1週間で仕上げたとは思えないほど演技はもちろん、アクションもキレキレで、なのになんでザリガニなのこの人!!(笑)一緒に行ったお友達が「村上さんにときめくから」って言ってた理由がよくわかったよ……
で、村上さん演じる園は、雛森がミッション失敗した際に救出しなかったのに絶望して北方へ行った……という解釈でよいのかな、今の段階では。北方の手先としての正体を現して加々美を連行した園の真意が気になる…!!彼に対して雛森がどうやって決着をつけるのかも。それが今度の劇場版かな。

「照る日の杜」の神樹さまのましゅうくん可愛かったね。小さい頃から教団で育って、外を知らず、常に万代にかなわず、執着して。最期はこの子を一瞬でもいいから幸せにしてあげて欲しかった……!ってなる。
カーテンコールのときに、振袖の女の子よろしく長い袖をひらひらさせてたのと、お辞儀して顔を上げるタイミングを村上さんと図ってたの、可愛すぎるやろ!
ましゅうくんのために、今まで大千秋楽観て満足してたけどDVD欲しくなったよ……!

帰宅してから悠久の限定カバーの文庫本の万代短編書き下ろしを読んでみるとまんま今回の前フリで戦慄した……

メサイアを見た後の充足感、毎度裏切らないですね。ただし今回は大千秋楽をとらなかったので、1回だけなんですが……やっぱり2回は観たい……!!

次回の観劇予定は、5月飛んで、6月のアメリ。また基裕さんやー!!


良い演劇に恵まれてます

ゆかです。

ここのところ、微熱が出たり体調不良でしたが(春の気温差からくる風邪でした)、11日は東京渋谷で「Take Me Out 2018」、12日はシアタードラマシティで「ロマーレ」を観劇しました。

「Take Me Out 2018」は、若手俳優さんと共演するはまぶんパパを観たくて行きましたが、それどころじゃないほど素晴らしい作品でした。
セリフ劇というか、言葉の一つ一つが心をざわざわさせるというか、意味を考えさせるというか……テーマがセクシャリティや人種などのアメリカにおける「差別」なので、「なぜこういう発言をしたのか」「どうしたいのか」「どうしたかったのか」「何故そう思うのか」とかをセリフから非常に考えさせられる。
舞台のセットが、客席にサンドされた真ん中にあって客席のほうが高い位置にあるので、私らと俳優さんの目線がほぼ同じか見下ろす状態になっているんですね。何も隠しようもごまかしようもない俳優さんの演技というか、些細な動きだったり、息遣いまでわかるので2時間ずっとスゴイ緊張感でしたよ。開演までは距離が近すぎて「あわわどうしよ」とか思ってましたが、そんな軽いものではなかった。
そのスゴイ緊張感の中、今回のセクシャリティの象徴のような章平さんダレンのシャワーシーンは美しかった……。
……TENTHといい、今回といい、spiさん目的で観に行ってここぞというところでしか登場しない重要キャラなの、ちょっぴり寂しや(笑)でも、spiさんは声の出し方が非常にソフトでお上手なんだろうな、相手をののしるような言葉でもキンキンと刺さるような感じじゃなく、心にざわっとのしかかる感じ。
いやspiさんに限らず、みんなセリフや声が不快な感じは全くなくて、セリフのひとつひとつが受け入れられる感じで。だから差別がテーマの重い作品でも受け入れられたなぁ。
とにかく、情報過多で飲み込むのに時間がかかるし、でもそれを考えている時間はある意味幸せだし、「何故~したのか」と自分が考察した結果に対して答え合わせをしたいから何度も観たくなる。そんな作品でした。

そのまま東京で一泊して朝一の飛行機でこちらに帰り、そのままシアタードラマシティへ向かいました。基裕さんー!!!

「ロマーレ」はカルメンのストーリーなので非常にわかりやすい。
こちらは、THEミュージカル!歌にダンスに素晴らしい!!
花總まりさんとは……あの、妖精ですか、それともとんでもなく軽やかにフラメンコを踊る観音様でしょうか。登場した瞬間の後光が差して男性陣を圧倒するオーラ!!歌声は深くダンスは軽やか!2月の光一さんを思い出す、妖精だった……!!
学者役の福井晶一さんは、2年前のホストちゃんの歌がうるさいラグビー部の監督以来でした。ようやく、素敵な俳優さんに認識がアップデートされました!
さて、基裕さんは……イギリスの貴族が良い感じ!久しぶりに歌をナマで聞けて幸せやで……!!

今回アフタートーク付きの回に入りましたが、1月に引き続きやってくれましたよ基裕さん。
ダンサーさん司会で登場するなり、小道具のオレンジ(何故か生もの)で真っ白い衣装の袖を汚してしまう。すみません言いながらハケて(何故かオレンジは置きっぱなし)、ほかのキャストさんのまずは一言……の間にペコペコと戻ってきて、タイミング測れよ!と総ツッコミを食らう。
15分ほどトークしてありがとうございましたーと退場するときにふつーに退場しようとして司会さんにオレンジ持たされて手をふる基裕さん。
……1月の「MAN WITH A カブキ(キリッ)」に続いて天然伝説を自ら増やしましたよ基裕さん!!もう、今年はいくつ伝説を作ってくれるのか楽しみで仕方ありませんw

という感じで、非常に良い作品を観られて大いに満足した二日間でした。
ああよい作品は人を幸せにするなぁと満足していたら、母が新聞広告からTENTHの兵庫公演のチケットを用意してくれました!ありがとう嬉しすぎる!!演目出演者は違えど、TENTHのすばらしさは間違いないから!!楽しみやぁぁぁぁ!


つはものアーカイブ

ゆかです。

配信を見るとなると苦しいのがポケットWi-Fiのパケット容量で、、、配信始まるの月末のギリギリの頃が多いし、それ気にしながら見るのも苦しいし、大して値段変わらないなら容量無制限のプロバイダに鞍替えしよう。
実家の爆速Wi-Fiがうらやましいよぉぉぉぉ