ミュージカル刀剣乱舞三百年の子守唄再演

ゆかです。
ワードプレスの不調で、更新したくてもできず、まさかの一週間後ではありますが、、、
2/27、3/1、共に昼公演、「ミュージカル刀剣乱舞 三百年の子守唄 再演」観劇しました。
その感想をば、例のごとくネタバレは遠慮しません。

2年越しにまたみほとせを観られるとは思いもしてませんでしたが、私が刀ミュの沼(いまや湖か)にどぼーん!!っと浸かったきっかけです。もう嬉しくて!!

私は初演との比較で観てましたが……
①物吉くんの中の人の演技力が初演と段違い。
第一声の「ねんねんねんねんねんころり……」を聞いた時点でああああ上手くなってる嬉しいいいいい!!ってなりません!?彼は刀ミュきっかけで舞台作品に出演するようになりましたが、2年とはこんなに大きいものかと!
竹千代を見ての「やっぱりー!!よーしよーし」とか、姉川の戦いの前の蜻蛉切を咤激励するシーンとか。とにかく観てて嬉しかったなぁ……!
②動くセット
先に大阪公演を見た母から「セットがとにかくよく動く」と聞いてましたがいまいちどんなのか想像できず。あんなフレキシブルに動くとは……シンプルな大階段も好きですけど、本丸らしさお城らしさも出ててよいですね。
③村正派スーパーショー!!
私の最大の目的!!!村正ちゃんの美しさが初演とは段違いで!!!!さらに顕現しょっぱなからエンジン全開(笑)初演のコメディ要素全開のテンションの高さはないけれど、妖しさ、いやバケモノ味が増しておる……!
特にあの……「ワクワクしマスねぇ!」の後に、口で、真剣白刃 噛み !!!口で太刀を受け止める化け刀!!!1日目はもしや?いやんなバカなとか思って、2日目に双眼鏡でよーく見たら、恐ろしいものを見てしまった……!これは、映像でどアップになって背筋が凍るヤツ……!そういうバケモノ味が増しててゾクゾクと嬉しかったのである……(冷や汗
蜻蛉さんもテンションは控えめで、でも殺陣に槍らしい徒手空拳(間合いより内にに入られたらグーで殴るのが正しい戦い方らしい)がプラスされてそれは燃える!!

シナリオを把握しているので、今回はじっくりと楽しめました。

2部は、「Jackal」があるので初演の方が好きだったなぁ……!しかし、まさか刀たちがお花を胸に差すとはね!
日替わりは、27日の仲間からの言伝は小狐丸。要約すると「そちらは寒いので私の毛を存分にもふもふしていただきたいがそうもいかない。遠征部隊がなんとかするでしょう」からの村正ちゃんが髪を全部前にやって「さぁさぁ!!」(もふりてえ!!!)からやっぱり「脱ぎまショウ!」さすが村正ちゃんぬかりないWWW で、物吉くんが「温まるなら笑顔ですよ!大倶利伽羅さま!」→からちゃん「慣れあうつもりはないが手を抜くつもりもない」の、全力の笑顔W(物吉くんにはわかる)
1日の言伝は陸奥守で、「またよさこいがしたいにゃあ」→石切丸「短いが彼らしいね」物吉「いいですねぇよさこい!」→もちろん村正ちゃんの「より盛り上がるなら脱ぎまショウ!大倶利伽羅!!」→全力で嫌がる大倶利伽羅、収集つかなくなる、からの!!蜻蛉さん「よっちょれよ!!」!!? 蜻蛉さん「よっちょれ、よっちょれよっちょれよぉ!!」ひいいいあああああ最高ぉぉぉぉ→にっかりさん「さすがの大きさだね……声量のことだよ?」
もう、蜻蛉さんの「よっちょれよ」が最高すぎました震えました……これだけでたまらんす……ぶ、ブルーレイにこの日替わり収めてくれませんか……蜻蛉さんのよっちょれ最高なんですわ……

トータル3時間、でも初演のときよりすごく時間があっという間に感じたんですよね。シナリオがわかっているだけじゃなくて、1部のメリハリが良くなっているのかな?やっぱり、刀ミュに改革をもたらすのは、みほとせなのだと確信しましたよ!

刀ミュの中で一番思い入れ深く、大好きな作品をもう一度観られるなんて本当に思ってもいなかった。天恵に感謝します……!そして母のリクエストにより、千秋楽のライブビューイング観に行きます。討ち収めじゃー!!
これを受けての、秋の新作は誰が、何をテーマに出陣するのか!!あああああ楽しみでたまらん!!