滝沢歌舞伎ZERO

ゆかです。

今日は京都南座にて、「滝沢歌舞伎ZERO」を観てきました。

滝沢歌舞伎が好きすぎるゆえに期待値マイナスで行きましたが……結果、面白かった!今までの滝沢歌舞伎とは別物として楽しめました。

まずオープニング。「いにしえ」が好きで、これ目的でずっと観に行っていてようなものですが、これが新曲に!でもそれが良くて安心できてその後も観ることができました。万一「いにしえ」だったら私がえらいことになってたかもしれない……。そしてさっそくオープニングで桜吹雪をこれでもかと降らせるとはさすがやの…!

そこからは変面ありの、板の上に立ち上がっての殺陣がありの、おなじみ腹筋太鼓がありの、安心できるラインナップ!まさか変面が3人で出てきたときはビックリした!背が高い分、あのマントとマスクも非常に映える。
殺陣は……タッキーや光一さんの、「間違いない安心感と緊張感を与える“間”」というものを実感した。来るぞ来るぞ来るぞ…キタアあああああ!みたいな。劇場中の空気が緊張する感じがね……まだまだだぞ青年!(笑)でも久しぶりに板の上を観られたのは嬉しかった!
腹筋太鼓は、あのメカ太鼓、確実に三半規管を破壊するって!!重力+遠心力というえげつなさ……次回は逆さになるのだろうか。果たして何を仕掛けるのか。

そして歌舞伎!これは、白塗りメンバーが増えた分出来ることが増えて非常によかった!例えば隈取り。今までタッキー一人で男も女もやらなければならなかったからできなかった隈取り(しても顔に模様貼り付け)を施した岩本五右衛門がすごくかっこいい!!加えて岩本五右衛門はタッパがあるから登場した瞬間に「でけえ!!」って感動した!さらに今までタッキー五右衛門に向かって剣を投げてたのが、剣を受け取る側になるなんて……。
ラストの総踊りは歌があったために、なんというか大衆演劇的な。でもこれはこれで面白い!

2部は原点回帰でお芝居。まさかアフター鼠小僧とは…!
お丸ちゃんが相変わらずでさらにパワーアップして安心してます、ハイ(笑)宮舘親分があんなカッコいい人になるなんて誰が予想しました!?ギリギリでいつも生きていたくてリアルを手に入れたいんだそうですw4年キャラがぶれ続ける渡辺氏に、一切ブレない佐久間バカ息子……ついに弟ができましたか……(若干違う)。
安定の鼠クオリティの2部で楽しかった!

………という、まだまだタッキーというスーパーマンには至らないけども、大衆演劇のような楽しさと親しみやすさで、去年までとは全く別物の和風プレゾンともいうべき面白さで、終始楽しかった!観るか観まいか迷う方はぜひ観て判断してほしい。

明日は母の初刀ミュ……なぜか自分が初めて刀剣乱舞観に行ったときよりも緊張しております、私が(笑)ペンライトを貸し、マイハウスでここ最近の地上波の放送とらぶフェスをお見せして明日の予習も。
母よ、心行くまで楽しんでくださいまし……!!