ミュージカル刀剣乱舞真剣乱舞祭2018

ゆかです。
昨日は3年連続!ミュージカル刀剣乱舞真剣乱舞祭2018、大阪公演に行ってきました!毎度ネタバレに遠慮しないテンション抜けすぎてる感想を書き散らします。曲やらセリフやら日替わりは物覚えが良くないのでうろ覚えです。

今回3年目にしてらぶフェスをボッチではなく、連れ有りで行きまして。おかげで寒くもなく待ち時間も楽しく、3年目にしてようやく一番楽に過ごせましたね(笑)

さて、もうなんというべきか……とにかくライブ!祭り!!ライブ!!!まさか、最初から新衣装の祭り衣装で、新曲満載でテンション500%で突き抜けている!
テーマが祭りで、巴形が祭り(祀り)とは?を問い、さらに日本津々浦々の祭りで東西どちらの祭りが盛り上がるか?というもの(ちなみに私、祀りは大学の卒論に関わったところなので超面白かった。また研究したくなった。刀ミュは歴史オタクにたまらん作品だ!)。
東軍西軍分かれて祭り対決。東軍は新選組と徳川家ゆかりの村正派と物吉に鎌倉幕府といえばで源氏兄弟。西軍は京にゆかりのある三条派、四国に縁のある陸奥守と蜂須賀、大阪に縁のある石切丸とそれにくっついた青江。縁のある祭りや土地がない巴形は行事。この時点で本当にかたな展行ってよかったなって実感するよね!!
そして板の上で三日月小狐丸が山車に乗る祇園祭、ねぶた祭り、蜂須賀主導の阿波踊り、陸奥守主導のよさこい、蜻蛉さんから始まるよさこいソーラン、雪まつり……何か抜けてる気がするけど、これだけの祭りをメドレーで、楽しすぎるアレンジで!すごすぎる!!!こんのすけの乗った山車、こんのすけのねぶた、阿波ダンス、ソーラン節、雪まつりはバラード。まさに刀ミュ流祭り!!これでテンションぶち抜けないわけがない…祭りすげえ……。
だがしかしまだこれで3分の一。巴形が祭りとは?に一つの答えを出して、ここから真剣乱舞祭スタート。ライブじゃあああああ

さっそく阿津賀志再演の新曲からスタートするが、ここからすでにキャスト入り乱れ!小狐丸加州オミット源氏兄弟イン。ありがとうございまする!!からの、「ここが巴里かぁ」「ちがうぞ兄者!」(その前に膝丸は千秋楽では岩融に「兄に巴里はすぐ行ける距離ではないと教えてやってくれ、ばびゅーんと行ける距離ではない!」と念を押されていた)からの問答無用で「Just Time」。最高か!!!源氏兄弟のバレエにアクロバット更にキレてる!
からの幕末組。「Secret Sign」はサントラで聞きまくったかっこいい!その次が懐かしい「Heart-To-Heart」で、蜂須賀が新衣装!!うおおおおおおお!!!白のヒラヒラが付いた王子様衣装!ステキだ!ひと振りだけ、衣装チェンジの機会に恵まれてなかったもんな…!(胸元のヒラヒラがミッちゃんでデジャブしたのは内緒だ)
蜂「お邪魔しているよ」
長「蜂須賀…!」
安「蜂須賀その服どうしたの?」
蜂「このために新しく誂えてもらったんだ…変かな?」(似合ってるー!)「ならよかった」
刀ミュを幕末天狼傳から観ているお姉さんとしては、嬉しすぎて泣きそうだったよ…!!

そして我らがみほとせ組は安定。「Can you guess what?」から、村正スーパーショーの「Jackal」…ではなく、「ゆうやみ」でまったり。少し拍子抜けしたけども、まったりもいいなぁみほとせ組。ラストの五振りが夕焼け背景に横並びに座ってるの、最高に二次元だったよ……!からの、逃げる物吉をトムとジェリーよろしく追う村正ちゃん、「逃がしまセンよ……来年の、三月ごろまで!」なんていうものだからもうありがとうございますぅぅぅ!!!逃げるつもりなぞ、毛頭ございません!!!喜んで京都へ、捕まりに行きますとも!この時点でヘトヘトで「……もう!」しか出ない蜻蛉さん萌えました。

今回、ノーマークだった懐かしい曲が満載で、しかもキャストシャッフル!「Don’t worry,don’t worry」「Gateway」「mistake」何か抜けてる気がするけど「解けない魔法」。
「Gateway」は薙刀二振りに槍の長物トリオで、中の人的にも最高の組み合わせだったね(アメリカで踊っていた丘山さんに日米ハーフのすぴ氏)!「解けない魔法」はにっかり村正のみほとせアダルトコンビ。最初新曲かな?と思ったけど歌詞知ってる気がする……と思ったら「解けない魔法」だったもんでそれはそれは驚いたし妖しい二人なのでムードがスゴイ!からの気まずい3分間は懐かしかったです(笑)また三月ごろまで気まずいのかしらw

……思い出せるセットリストが、あとはラストの「獣」でして(汗)ライブ衣装最終形態で、太鼓付きで、スティックがさらに進化してて!最高に滾ったわ!!!去年から丸一年、またこのらぶフェスで観られることを祈って聞き続けてよかった…!

以上が曲ごとの滾りすぎた感想で、キャラクターというか全体は……。
間違いなく、このカンパニー全体のレベルが底上げされている!帰ってからロスを癒そうと去年おととしのらぶフェスのブルーレイ見てますが、比較にならんほどにね…!テーマもステージングもキャストも。
キャストは、特に新選組の成長がすごい。兼さんってこんなに色気に満ちてかっこよかったっけ、長曽祢はこんなにも男臭かったかしら……って思うほど、魅入った。実は今回一番印象に残ったのは兼さん。くっ……今年春の公演、観に行っておれば……!下のドラマシティに行ったのに、一緒に行けば……!!歴の長い三条派も回を重ねるごとに安定してる。
源氏兄弟は明らかに歌がうまくなってて、踊りながらでもへたれたりしてないし、担当パートがすごい増えてる!ベビタンは以前だとレミゼ大丈夫かしら…って思ってたけど(失礼)、これから稽古が始まれば大丈夫だって思わせてくれる成長ぶりだった。来年夏に梅芸で会えるのが楽しみ!その前に来月IMPホールで会うけど!

初演と比べると、製作のノウハウとそれを実現するキャストのスキルが本当に段違いで……こんなこともできるって確信をもってステージングをして、今のいろんな歴を持つキャストがそろって、できている刀ミュはほかの2.5次元とは一線を画するなと思うのです。区別したり特別扱いするのは好きではないけど、そう思わせてくれる。

……難しいことは抜きにして、村正ちゃんが大好きですけどね!!!
冒頭で登場するなり「日本で一番盛り上がるのは、祇園祭でもねぶた祭りでもなく……裸祭りデス!!」言うと思ったwww乗っからないでにっかりwww
さらに千秋楽の最後の挨拶では…「千子村正デス。大阪、最高にいらやしかったデスよ。(髪を全部前にやり、あのキワドイ背中を見せつけ)……ワタシのタコ焼き。(ウサちゃん尻尾ニギニギ)では」あ、あんたが究極にいやらしいわああああムラマサああああああって城ホールの全主が内心でツッコみましたよ。いやらしい村正ちゃん大好きだ!!!

千秋楽の挨拶では巴形が「和泉守から教わったことがある。やってみてもいいだろうか」で見せてくれたのが「目覚ましだ!!」目覚ましwwww訂正しようとした兼さんもつられて「目覚ましだ!」って言っちゃってグダってただの有澤氏になってたwww
毎度、千秋楽では「弟の……膝丸のことも」って兄者に言ってもらえてうれしそうな膝丸氏、よかったね!

わたくし千秋楽では、席がセンターステージの角にあたる席でして……もう、素晴らしい思いをしたよね!!センターステージからは付喪神に見下ろされ、客席へ降りるときには絶対通るところなのでもう、み、みんなきれいステキああああああああ!!!!な具合で、魂をあの世にもっていかれました……。髭切ベビタンが本当に180センチ弱あるんだとか(写真だと小柄に見えていたから)、膝丸は体形が理想的だとか蜻蛉さんの胸板素晴らしいとか村正ちゃんがやっぱりとんでもなく美しいお姉さまだったとか……。ラストの「刀剣乱舞」で、村正ちゃんに見下ろされて私の2018年は締めくくられました……!

ああ、もう楽しかった……今どきの言葉で言うならエモい。ステキ楽しいフィーバー、爆発しましたとも。巴形も言っていたよね、「約束する、また会おう!」って。また来年、この場で会えることを、楽しみにしているからね……!!
その前に、今度の日曜日は大千秋楽を配信で見、2月末にはみほとせで脱ぎあいまショウ!!そして今回のブルーレイを、首を長くして待つ!!!