最高の一日でした。正倉院展&京のかたな展

ゆかです。

今日は、待ちに待った博物館ハシゴの日でした。
奈良国立博物館の正倉院展、六道珍皇寺、三十三間堂を挟んで、京都国立博物館の京のかたな展です。

正倉院展は、例年に比べ大変色鮮やか!!ポスターからしてパステルで可愛いやん!
布生地の朱の鮮やかさとか、黒漆のひび割れず美しいのとか、箱の細工の細やかさとか……感動せずにはおれない。
そして借金関係とか役所関係の書類、やっぱり毎年面白すぎる!「正倉院宝物 書類大全」とかってまとめて全訳したものを販売していただけたら全力で買うのに!!
とにかく、例年よりもわっちゃわっちゃ楽しく見ることができました。

そしてかたな展は……予想に反して、大変面白かった!
刀ばかり見て面白いんだろうか、なんて最初は思っていたんですが……同じ刀でも、たくさん並べ比較することができるので、時代による変化、経年劣化、目的に合わせた形状など一振り一振りの特徴を捉えることができて面白い!
で……三日月宗近のほっそりと優美な姿がなんとも美しくて…名の由来である打ちのけもはっきりと見られました。
中でも衝撃だったのが骨喰藤四郎。鯰尾藤四郎と並べてあるのですが……鯰尾と比べると、非常に大きい!とうらぶでは双子のようにキャラ造形されてるけど、実物は子供と大人ぐらい大きさが違う!!そして、パッと見て強そう、って感じました。今まで見てきたどの刀よりも強そうって、竜の彫り物も美しくとりこになってしまいました。
写真などで刀単体で見てみると骨喰も30センチぐらいの小さめ脇差っぽく見えたりするんですが、鯰尾と並べてあることでその大きさがよくわかる……今回、たくさん並べてあることで大きさが比較でき、さらに体感できたのがよかった。
そういえば……今年、2回北野天満宮の宝物展で髭切の太刀を見ていますが、いまいち他の刀との違いがとらえられなかったんですね。せいぜい長い、ぐらいしか。今回形状の近い膝丸を見て、他の刀もたくさん見て、髭切の太刀がいかに天満宮所蔵の刀剣の中でも抜きんでた特徴のあるものか、というのがようやくわかってきました。
そうそう、膝丸の太刀を見ていると、「これをかつて義経公が……」と思い出し、義経公=タッキー、すなわちもうタッキーの義経公を過去の映像でしか見られないんだ……と思い出してこっそり泣きそうになっていました。なぜ今思い出す!!

かたな展、何が素晴らしいって……全国津々浦々の国宝・重要文化財が一挙に集結して観られることと、ケースの前にロープが張ってあって、じっくり見たい人とあっさり見たい人で動線が分かれてて、非常に見やすかった!あれはすごくいいと思う!しかも、混雑してないので、あっさり見たい人の動線でも三日月宗近の打ちのけをじっくり見られたので、これは秀悦でした!
しかも、勝手に若い娘だらけで殺気立ってるとか予想してたんですけどね……男性の方や一般の刀剣ファン、歴史ファンの人も多くて、非常に落ち着いて見られました。
なのでわたくし、2周しました笑
でも終わるころにはすっかり刀剣の魅力にハマっていましたね。もっと調べたいし、今回見られなかった作品をもっと見てみたい。とりあえずかたな展はもう一回行って、来年の福岡市博物館の展示を見に行きたいなと(宗像大社も行きたいので合わせて!)。

国立博物館ハシゴの合間の六道珍皇寺で閻魔大王やあの世とこの世の境の井戸を見、三十三間堂ではすべての仏像がそろった壮大すぎる眺めを焼き付け……非常に楽しく、知識欲を満たした良い一日でした。
必ず!もう1回かたな展行くぞおおおおおおおおお