メサイア月詠感想

ゆかです。
今日は「メサイア月詠乃刻」を観劇しました。その感想を。相変わらずネタバレ配慮いたしません!

毎度メサイアは本当に面白い!
ただ、今回はお友達が取ってくれたチケットで観たんですが……席が……1階1列目!!!
こんなところで!!メサイアを観たら、情報量が多すぎる!!
最前列の良いところは、筋肉の躍動を直で感じられるのと、細かな表情とかがよくわかるところですね。
ただふと思ったのが、暁や悠久だったら、最前なんて観てられなかったかもしれないな、と……。

ストーリーの感想は……「照る日の杜」の恐ろしさたるや、と、雛森と園の元メサイアの決着が気になって仕方がない!!
ザリ王村上さんがかっこよすぎてね……たった1週間で仕上げたとは思えないほど演技はもちろん、アクションもキレキレで、なのになんでザリガニなのこの人!!(笑)一緒に行ったお友達が「村上さんにときめくから」って言ってた理由がよくわかったよ……
で、村上さん演じる園は、雛森がミッション失敗した際に救出しなかったのに絶望して北方へ行った……という解釈でよいのかな、今の段階では。北方の手先としての正体を現して加々美を連行した園の真意が気になる…!!彼に対して雛森がどうやって決着をつけるのかも。それが今度の劇場版かな。

「照る日の杜」の神樹さまのましゅうくん可愛かったね。小さい頃から教団で育って、外を知らず、常に万代にかなわず、執着して。最期はこの子を一瞬でもいいから幸せにしてあげて欲しかった……!ってなる。
カーテンコールのときに、振袖の女の子よろしく長い袖をひらひらさせてたのと、お辞儀して顔を上げるタイミングを村上さんと図ってたの、可愛すぎるやろ!
ましゅうくんのために、今まで大千秋楽観て満足してたけどDVD欲しくなったよ……!

帰宅してから悠久の限定カバーの文庫本の万代短編書き下ろしを読んでみるとまんま今回の前フリで戦慄した……

メサイアを見た後の充足感、毎度裏切らないですね。ただし今回は大千秋楽をとらなかったので、1回だけなんですが……やっぱり2回は観たい……!!

次回の観劇予定は、5月飛んで、6月のアメリ。また基裕さんやー!!