人生初のSHOCKはまさに「衝撃」

ゆかです。
一昨日の話ですが(昨日書こうと思ったんですが、アクシデントで断念)、我人生初の「Endless SHOCK」を観劇して来ました。その感想をば!
ツイッターでは散々垂れ流しましたが(RT、いいねありがとうございます)、まとめます。

文字通り、「衝撃」しかないエンターテインメントの真髄のような舞台でした。
まず……ダンスも殺陣も歌も、全てが美しい!指先爪先まで神経が行き渡っているようなもはや、所作とでもいうべきか……!
そして光一さんは妖精か天使か何かだろうか。なぜフライングがふわっと飛び立ってスッと着地できるの!?タッキー亀ちゃんはワイヤーと筋肉で吊られている中、ポーズをとってるな、と思うんですが、光一さんは背中に羽生えてますよね。重力を感じないんだもの!空中でハシゴからハシゴへ飛び移って、ダンサーさんと手をつなぐなんて人間業じゃねえ……
殺陣は滝沢歌舞伎が、と思ってましたが、その殺陣の上をいく美しさ……

全編通して思ったのは、今のジャニーズの舞台全てのベースになっているな、ということでした。DREAM BOYS、滝沢歌舞伎、ジャニーズワールド、少年たち、今のプレゾン……初めてのはずなのに、既視感があって。全ての舞台を結集した上澄みがSHOCKなんやなと!観ていてしっくり来たり、納得したりしてました。特に、最近滝沢歌舞伎がジャパネスク要素減って来たなーと感じてたんですが、減ったぶん、このSHOCKに近づいてる!DREAM BOYSとジャニーズワールドは言わずもがなで…!

曲も初めて聞くはずなのに知っているのは、やっぱり少クラとかジャニーズワールドとかで聞いてるからなのね。ラストのジャパネスク日舞からの赤い衣装を着ての「夜の海」はもう、高まりすぎて泣いてました……

優馬くんは、何も心配いらなかったね!よく考えたら、トラヴィスに師事して滝翼さんに育てられて、帝劇で座長を務めた次世代のジャニーズミュージカルを担う男に、できないはずがない!!トラヴィスの振り付けを踊る優馬くん懐かしいなぁ……!!帰宅してから「そういえば日舞のキレがよかったな、和モノは初めてじゃなかったっけ?」とか思いましたが、なんの、ぴんとこなをやって、去年は成田屋と、歌舞伎界の頂点の人と共演してたやないか…!!早速こんな場所で還元されるとは思わなかったよ…!…なぁ、滝沢歌舞伎に出てくれんか、滝沢兄弟をもう一度、観たいのだよ!!事務所様!!!

トラヴィスの振り付けが懐かしすぎて、帰ってからプレゾン2015を見てしまい……ああ、翼さんもやらしぇんぱいも優馬くんも揃ってコウイチのライバルを務めたなんて、スゴすぎるだろう! ねー、プレゾンも復活してくれないか、主演中山優馬で!!この秋はDREAM BOYSで!!(とにかくダンシング優馬くん観たい)
SHOCKを観た今、改めてジャニーズのミュージカルを全て観たいんです。SHOCKというベースがあっての舞台はどんなものかしら、と。そのSHOCKはプレゾンから生まれたと思うと、すごい歴史ですね!

もう、スゴすぎるとしか……終演後はフラフラでしたからね。でもこれで、ジャニーズの主だった舞台制覇しました。幸せです。
次ジャニーズのミュージカルは春の滝沢歌舞伎ですね(チケットまだまだだけど!)。きっと今までと目線が変わるんだろうな。楽しみ!!
そして母よ、強引に連れてってくれてありがとう……